土地が余っているなら駐車場経営をしよう!

女の人

小売りでの会計処理を軽減

レジスター

費用相場は

小売りにおいては、さまざまな商品をお客様に直接販売するため、毎日多数の会計処理を行わなければいけません。このような会計処理を軽減させるものとしてレジスターがあります。レジスターを利用することでレシートを発行することができ、それによって売上記録を付けることができます。ただこのようなレジスターの場合には販売した価格を記録するだけであって、あとで会計処理をしなければなりません。このため用途としては正確な売上記録を付けるということです。一方で売上記録を同時に集計するシステムがposです。posは販売した時点の情報を回線を使ってサーバーに送信して記録するというものです。メリットとしては売上記録と同時に会計処理も行われるのであとで売上記録を整理する手間が不要ということです。またバーコードと組み合わせることで価格の打ち間違えを防ぐことができます。posは非常に便利なシステムですが、一方で導入するためには高額なposレジや回線、サーバーなどを導入しなければならず、多数の店舗を運営するような企業が主に導入していたものですが、一方で近年はITの発展とともに価格が低下し1店舗でも導入がしやすくなっています。現在のposレジの選択肢は専用機とタブレット型、またその中間型の3種類があります。特に価格が安いのがタブレット型です。この場合にはタブレットに専用のアプリを導入することで利用できるため、専用機を導入するのに100万円単位での資金が必要であったものが、タブレット型では数万円程度で導入が可能になっています。